BACK UP GO


12 災害に備えて


 
『災害に備え 1人ひとりの水の確保が大切です。

人間1人が1日に必要な水は3リットルです。』





~ 印旛ブロック管内水道災害対策訓練 ~

 当組合水道企業部では、地震・風水害等の水道施設事故、平常時の断減水を伴う水道施設事故及び水質事故(取水する河川へのオイルの流入等)などの水道災害の発生に際し、連絡及び応急対策を的確かつ速やかに実施できるよう、毎年、供給団体(7市1町1企業団)と訓練を行っています。

 令和3年度は11月24日(水)に「酒々井町周辺で発生した大規模停電により、送水ポンプが停止し、一部地域において断水した。復旧には時間を要するため応急給水の依頼があった」という想定のもと、情報伝達訓練及び応急給水訓練を行いました。

情報伝達訓練
 午前中、千葉県防災行政無線電話及びFAXを使用し、被災状況や出動可能体制を確認し合いました。

応急給水訓練
 午後、各供給団体から給水車を出動していただき、酒々井町尾上浄水場で各給水車に補水。補水完了後、プリミエール酒々井駐車場にて応急給水訓練を実施しました。

 今後もこの訓練を重ねて、いつ起こるかわからない水道災害時に迅速かつ的確な行動がとれるよう、危機管理体制を整えてまいります。

訓練実施状況(写真)


BACK UP GO