第5章 印旛沼の生態系

 印旛沼における生態系の構造は、単に沼のみの時系列によって成り立っているのではなく、すでに第2.1表で示した19,700千m³の水量を湛え、11.55km²の水面積を持つ水圏と、493.89km²の流域面積を持つ陸圏とが有機的につながり、一体化した印旛沼圏から成り立っている。さらに、これを生物の棲み分けからみると、空間的には、『印旛沼・沿岸帯』⇔『堤防』⇔『周辺水路(農業用・排水路)』⇔『水田・畑』⇔『斜面林』の有機的に連続した環境によって構成されているといえる。

 第5.1a図は、印旛沼圏における動・植物の食物連鎖からみた生態系ピラミッドの構造〔建設省関東地方建設局利根川下流工事事務所(平成10年2月):「印旛沼の自然」平成9年度改訂版〕を示しているが、実際には、その後の沼周辺の土地利用形態の変化、環境の変化等によってその構造や機能が年を追って変化を余儀なくされているのが現状である。たとえば、平成17年6月に施行された法律「特定外来生物による生態系等に係わる被害の防止に関する法律」、いわゆる通称「外来生物法」で特定外来生物に指定されている南米原産のヒユ科植物(湿地性種)のナガエツルノゲイトウは、平成2年7月に印旛沼流入河川の一つである鹿島川河口で発見されたが、今では第11章で詳述するように、西印旛沼の湖岸一帯、さらには西印旛沼に流入する河川等、さらには沼周辺の排水路や水田に広く生育し、分布域を拡大、群生化の兆しをみせている。また、同じ特定外来生物に指定され、雑食性で人に危害を与える南米北部から北米・カナダ南部にかけて広く生息するカミツキガメや、印旛沼の漁業資源を脅かすオオクチバス、ブルーギルなどの侵入と自然繁殖によって、印旛沼およびその周辺の生態系の構造は、第5.1b図に印旛沼域、水際域、陸域のそれぞれにおける生態系ピラミッドが示すように、大きく変化をきたしているといえる。

 この章では、印旛沼圏の食物連鎖のピラミッドを構成する生産者としての水生植物、2次消費者としての魚類、そして高次消費者としての鳥類のそれぞれにおける推移について概説する。

第5.1a図 印旛沼および周辺域を含めた概括的生態系ピラミッド

第5.1b図 昭和30年頃と現在における印旛沼の水域・水際域・陸域の生態系ピラミッド

5.1 水生植物

 印旛沼の水草の遷移を概括してみると、北印旛沼では昭和39年の調査で44種(うち沈水植物19種)、西印旛沼では昭和22年の調査で46種(うち沈水植物19種)がそれぞれ観察されていた。しかし、昭和44年竣工の「印旛沼開発事業」以後は、沼の水面積が半減、また沼も二分化され(本誌第2章2.1参照)、水質が悪化し、印旛沼の環境は大きく変化した。このことによって、開発事業完成8年後における昭和52年(1977年)の調査結果では、沈水植物は北印旛沼で15種と、さほど大きな変化がみられなかったものの、西印旛沼では8種を数えるにすぎなかった。そしてさらに、その5年後の昭和57年(1982年)における調査結果では、北印旛沼でも沈水植物が8種、西印旛沼ではさらに減じて4種となり、この後、多少の変化を示すものの、横ばいの状況が平成2年後まで続いた。

 一方、県の調査によると、昭和59年の夏には、西印旛沼では漁船が操業できないほどオニビシが繁茂、また翌年の昭和60年(1985年)には北印旛沼にもオニビシが繁茂、拡大した。そして昭和61年(1986年)には西印旛沼および北印旛沼とも、水面の80%以上がオニビシに覆われる状況を呈したことから、千葉県は昭和62年(1987年)から平成6年(1994年)までの8年間にわたりヒシの刈り取りを行った。その結果、翌年の平成7年から北印旛沼では、外来植物のオオカナダモを除いた沈水植物とアオウキクサおよびオニビシを除く浮葉植物は、ほとんど皆無になってしまった。

 しかし、その後の平成14年から平成16年までの水草の生育状況については、調査がなく、ほとんど不明である。このような状況の中で、公益財団法人印旛沼環境基金は平成17年度から隔年度、今井正臣氏(千葉県生物学会員)の協力を得て印旛沼の水生植物の調査を行っている。それらの結果につては、既刊の「平成17・18年版印旛沼白書」、「平成19・20年版いんば沼白書」、「平成21・22年版いんば沼白書」、「平成23・24年版いんば沼白書」、「平成25・26年版いんば沼白書」のそれぞれに報告したとおりである。

 一方、今回、行った平成26年度および平成27年度における調査結果をみると、北印旛沼ではフトイ、ホテイアオイなどの抽水植物(浅水性)やヨシ、マコモ等の抽水植物(深水性)を合わせて計8種、また西印旛沼ではホテイアオイなどの浅水性およびヨシ、マコモ等の深水性の抽水植物を合わせ5種と沈水性植物のオオフサモの1種などを含めて、それぞれの沼において確認した総種類数は13種、12種であったが、これらの結果は平成25年度以降ほとんど変わっていない。

 なお、第5.2表には、平成26年7月9日(北印旛沼)および平成26年7月16日(西印旛沼)に行った北・西印旛沼および周辺水域で生育を確認した水草を合わせて示してある。なお、平成27年度における結果は平成26年度と同様であった。また、平成11年頃からオニビシは、再び繁茂域を拡大し、漁業や船舶の航行に支障をきたすまでになったことから、県は平成22年度からオニビシの刈り取り行っている。

 第5.3表には、印旛沼におけるオニビシの繁茂面積〔佐倉印旛沼ネットワーカーの会:印旛沼環境調査―ナガエツルノゲイトウ・オニビシ・オオフサモの植生調査〔その10(2015.1)、その11(2016.1)〕とオニビシ刈り取りの面積と重量(湿重量)〔印旛沼流域水循環健全化会議(2012・3):第16回印旛沼水質改善技術検討会資料、千葉県県土整備部河川環境課聞き取り〕を示す。

第5.1a表 北印旛沼における水生植物の遷移

第5.1b表 西印旛沼における水生植物の遷移

第5.2表 印旛沼および周辺水域に生育する水草

第5.3表 最近5カ年の印旛沼におけるオニビシの繁茂面積と刈り取り状況

5.2 魚介類

 印旛沼における魚介類の種類は「印旛沼開発事業」を境にして減少を辿り、大きく様変わりしたことは、すでに第2章で述べたとおりである。漁獲量については、第5.2図に示すように、漁獲統計がとられた昭和43年には約800トン近くあったが、翌44年には半減した。その後は、再び増加を辿り、特に昭和48年からは急激に増加し、昭和56年には最高の1,000トン近くの漁獲を記録した。その後は、徐々に減少傾向を示していたものの、漁獲量としては昭和61年まで横ばいながら800トン強を維持していた。しかし昭和62年以降は、傾向として減少に転じ、平成16年には81トンと、著しく急激に減少した。この原因については、すでに第2章で述べたように、茨城県の霞ヶ浦で発生したコイヘルペスウイルスの社会問題と相まって、淡水魚の魚食離れ*注1)が大きく影響していると思われる。

 一方、魚種別の漁獲量でみると、フナが昭和46年の347トンを最高に徐々に減少、またコイは昭和51年の240トンを最高に徐々に減少し、今日に至っているが、その他の魚種、主としてモツゴ(昭和58年から漁獲されるようになった)はフナ、コイに代わって増加傾向を示し、平成4年には総漁獲量の約65%を占める最大の漁獲量を示した。その後は減少を示し、平成16年には81トンの最低漁獲量を示した(平成18年以降の漁獲統計については、資料の集計方法が平成17年以前と異なるため、飽くまでも参考)。これに対して、貝類については印旛沼開発事業後、ほとんど漁獲がない〔細谷岑生(1993):現在の印旛沼と手賀沼の漁業、印旛沼・手賀沼―水環境への提言― (古今書院、1993)、109-115〕。

 最後に、最近の魚介類の生息状況をみると、現在、沼に最も多く生息しているのは、外来種のブラックバスやブル-ギルの捕食によって漁獲が危ぶまれていたモツゴである。テナガエビは平成18年頃までモツゴ同様、印旛沼の主要な漁獲物であったが、平成19年からはスジエビが多く漁獲されるようになり、テナガエビに代わって佃煮の原料として消費されている。この他、印旛沼および周辺の水路において昭和50年(1975年)以降に確認された魚介類は、第5.4表〔新島偉行(千葉県生物学会員):平成21年に作成〕に示すように、64種であるが、このうち魚種は、現在、少なくとも約40種が確認されている。これは、昭和33年(1958年)頃、淡水魚の宝庫といわれた琵琶湖で生息する魚類が47種(平凡社編、「世界百科事典」より引用)であったことからすると、決して引けを取らない種類数である。特に、環境省の絶滅危惧種*注2)として指定されているメダカや、千葉県の要保護生物として指定されているヌカエビは、沼からは完全に姿を消しているものの、沼周辺の水路においてはまだ健全に生息していることが知られ、特筆に値する。また、この他にもサワガニ、ホトケドジョウ、シマドジョウ、タナゴ類などの貴重性の高い種が汚濁した沼から逃れ、沼水の源泉である谷津の水路に生息していることは、裏を返せば、沼の水質が改善されれば、これらの種はいつでも沼に戻り、かつての多種多様な生物の棲む沼が復活することを示唆しているといえる。

第5.2図 印旛沼における主要魚種の漁獲量

第5.4表 昭和50年(1975年)以降に印旛沼と周辺の水路で確認された魚介類

*注1) 印旛沼の魚食離れに関連して、今まで3つの大きな誘因があった。一つは、昭和43年7月に西印旛沼の一部水域で原因不明の斃死した大量のフナとコイが水面一帯を覆った。その後も小規模ながらフナとコイの斃死が度々見られ、そして昭和47年夏~48年春にかけては、西および北印旛沼の両沼で地元の漁師がいう、俗称“穴あき病”(病原は不明であるが、鱗の一部に白濁した斑点が現れ、それが魚体の各部に広がり、赤い発疹状を呈し、そして死に至る)で斃死した夥しい数のフナとコイが沼全体を覆い尽くした。このことが印旛沼における魚食離れを招いた最初の誘因である、といえる。
2つめは、平成15年に茨城県霞ヶ浦で確認、そして11月には養殖ゴイの処分とコイ養殖が廃止、また平成17年には全国的に拡大したコイヘルペス感染である。この魚病はコイとコイの間でのみ感染するもので他の淡水魚は無論のこと、人間に感染することはないが、とかくの風評で印旛沼では穴あき病以上に魚食離れが起こった。
3つめは平成23年11月に発生した「東北地方太平洋沖地震」にともなって発生した福島第一原子力発電所の事故で飛散した放射線物質が隣接の手賀沼のモツゴやギンブナを汚染して、出荷と漁の禁止措置が講じられたことの影響を受けて必然的に印旛沼の魚食離れを招いた。

*注2) 絶滅危惧種とは、生物が野生や飼育に係わらず絶滅の危険の恐れがある種を指す。ちなみに、野生および飼育のいずれにおいても絶滅したと考えられる種を“絶滅種”、また野生では確認できないが、飼育で生存している種を“野生絶滅種”と称している。

5.3 鳥類

 かつての印旛沼は、すでに第2章で詳述したように、「印旛沼開発事業」後、西印旛沼と北印旛沼に2分され、捷水路で結ばれているものの、地形的、環境的にはそれぞれ異なる背景を抱くことになった。このような状況の中で、鳥類*注3)も自ずと両沼で異なる鳥相を示すようになった。一方、また、近年、両沼とも水質の悪化や、浮葉性植物および魚介類の餌生物などが減少したことによって水面採餌ガモは漸減、特にまた、潜水採餌をするカモ類は激減の傾向がある。

 しかしながら、印旛沼は沼面および周辺域とも、鳥獣保護区に指定されていることから、カモ類の冬鳥やシギ、チドリなどの旅鳥、カワウ、オオバン等の留鳥を中心とする独特の鳥類相とともに、サンカノゴイ、オオセッカ、コジュリン等の希少種、チュウヒをはじめとする猛禽類も多く記録されるようになり、ここ20年間に記録された鳥類は全体で約190種を数えている。このうち、周年生息するカイツブリ、カワウ、オオバンなどの留鳥72種(全確認鳥類数の38%相当)、そして春の北上と秋の南下に立ち寄るシギ・チドリ類やショウドウツバメなどの旅鳥は63種(全確認鳥類数の33%相当)である。ここで、冬鳥と旅鳥を合わせると、渡来数全体の71%を占める136種、しかもその60%は通過タイプあるいは越冬タイプのカモ・シギ・チドリなどの水鳥で占められ、印旛沼は、まさに水鳥の宝庫である。

 なお、鳥類の確認調査は、生息環境の変化はもとより、気象条件等によって結果にバラツキが見られるが、第5.5表は、印旛沼および周辺域で視認されるシギ・チドリ類について浅野俊雄氏(公益財団法人日本野鳥の会)が行った調査結果(2008年)に基づき取りまとめ示してある。また、第5.6表には、浅野俊雄氏(公益財団法人日本野鳥の会)によって平成27年4月~平成28年3月に西印旛沼および北印旛沼とそれら周辺で確認された143種の鳥類を示してある。

*注3) 鳥類・・・
日本では約600種類の野鳥が確認されているが、生活史からいろいろな呼び名で分類されている。

  • 留鳥:年中、同じ場所で生息している。中には、夏には山地や涼しい北の地域で過ごし、冬に平地や暖かい南の地域で過ごすのを“漂鳥”と称している。
  • 渡り鳥:季節によって北の国や南の国から移動する。渡り鳥のうち、繁殖のため日本に飛来し、冬は南国で生活するのは“夏鳥”(例えば、ツバメなど)、また、北国で繁殖して、日本で越冬するのを“冬鳥”と称している(例えば、カモ類、オオハクチョウなど)。
  • 旅鳥:北国で繁殖し、南国で越冬する途中、日本を通過する(シギ、チドリの類など)。

第5.5表 印旛沼および周辺域で視認されるシギ・チドリ類

第5.6表 印旛沼周辺で確認された鳥類(平成27年度)