第3章 印旛沼流域の概況

 印旛沼流域は下総台地と呼ばれる火山灰に覆われた台地と、その台地を谷津と呼ばれる樹枝状に走る浸食谷から成り立っている。下総台地は南東方向に高く、北西方向に向かって緩やかに傾斜し、標高の最高部は千葉市緑区土気付近で約95m、中央部は30~50m、最低部は白井市付近で20m、そして印旛沼付近は約30mと、台地そのものとしては、概して平坦である。

 一方、地層・地質的には、約数十万年前に堆積した下総層群と呼ばれる砂層と粘土層の互層、そして上部層数メ-トルは風積性の火山灰層、いわゆる関東ローム層から構成されている。このため台地は一部を除き、浸食を受け易いことと同時に、透水性と通気性に富んでいる。このことから雨水はきわめて浸透し易く、地下水を多分に涵養し易い状況にある。

 このような土質的状況を背景にして、台地は畑地や山林として利用、そして谷津は地下水位が高いこともあって水田として利用されている。また、台地と谷津との境はシイ、ヤブコウジ、スギなどの多種多様な高木で覆われた急峻な崖となっており、いわば印旛地区特有の景観を呈している。

3.1 気象

 印旛沼流域の気候は、東日本特有の温暖多雨型に属しているが、千葉県の中では、概して内陸的で低温寡雨である。

 印旛沼周辺の平成26年および平成27年における気象状況を気象庁の佐倉アメダス局の観測資料に基づいてみると、第3.1表に示すように〔「銚子地方気象台-千葉県の気象状況」より作成〕、気温は、平成26年が年平均で14.8℃、平成27年は15.3℃と、平年値(14.4℃:昭和56年から平成22年までの30年間、以下、日照時間を除き平年値の統計期間は同様)に比べ、それぞれ0.4℃、0.9℃といずれの年も高かった。日照時間は、年間積算で平成26年は2,071.8 時間、平成27年は1,963.8時間と、平年値(1,831.6時間:昭和62年~平成22年までの24年間)に比べ、平成26年は240.2時間、27年は132.2時間と、特に平成26年度で長かった。降雨量は、平成26年(1,555.5mm)は平年値(1,409.6mm)と比べ145.9mm、また平成27年は103.4mmと、ともに100mm以上も多かった。

第3.1表 佐倉市における気象(平成26年・27年)

3.2 土地利用

 印旛沼流域は、第3.1図に示すように、13市町〔千葉市、船橋市、八千代市、鎌ケ谷市、成田市、佐倉市、四街道市、八街市、印西市(旧印旛村と旧本埜村を含む)、白井市、富里市、酒々井町、栄町〕にまたがり、流域面積は印旛沼の湖面積(11.55km²)を除き493.89km²である〔千葉県:第6期印旛沼に係る湖沼水質保全計画(平成24年3月)〕。

 流域における土地利用については、第3.2表(千葉県環境生活部水質保全課資料より作成)に示すように、平成27年度現在で市街地等(公園・緑地を含め)が224.7km²、そして畑が105.9km²と、この二つの土地利用で流域面積全体の約67%を占めている。一方、昭和60年度をベースとして土地利用形態の増減をみると、平成27年度現在で山林が36km²、水田6.1km²、畑が20km²とそれらを合わせて62.1km²が減少、そしてそれにほぼ相当する67.1km²が市街地等として増加し、今後、市街化等への土地利用の変換・拡大は否めない傾向にある。


第3.1図 印旛沼および流域の概略図

第3.2表 印旛沼流域における形態別土地利用の推移

3.3 流域人口

 流域全体における総人口は、第3.3表に示すように、昭和60年に529.2千人にすぎなかったものが、平成2年度には603.3千人、平成7年度679.2千人、平成12年度717.7千人と急速に増加した。しかし、この後は増加が多少緩慢となり、平成17年度は737.5千人、そして平成22年度では766.5千人、平成26年度は782.5千人、平成27年度は783.5千人である。しかし、傾向としては確実に増加を示している。

 一方、流入河川別流域の人口をみると、昭和60年度をベースにして平成27年度をみると、印西市を貫流する師戸川流域が4.8倍の増加で最も高く、次いで神崎川流域が1.62倍、高崎川流域1.57倍、そして手繰川流域が1.48倍と続いている。一方、増加が最も低いのは船橋市と八千代市をまたがって流れる桑納川流域の1.15倍である。

第3.3表 印旛沼および流入河川別における流域人口の推移

3.4 主要流入河川

 流域を貫流し印旛沼に注ぐ主要な河川としては、第3.4表に示すように〔千葉県環境生活部水質保全課資料より作成〕、利根川水系一級河川(国管理)の鹿島川とその支川にあたる高崎川、沼に直接流入する手繰川と師戸川、そして新川とそこに流れ込む神崎川と桑納川の7河川であるが、これらの河川はいずれも第4章の第4.1図に示すように、西印旛沼に注いでいる。一方、これに対し北印旛沼には、利根川と印旛沼を結ぶ長門川(指定延長8.1km)があるが、これは、既に第2章2.3の「沼の水管理」で詳述したように、印旛沼の管理水位を維持するため、印旛沼の水を利根川に自然放流、また渇水期等に利根川の水を沼に注入するための水路という、いわば印旛沼の用排水路的機能としての性格を持つ河川である。この他に、北印旛沼には松虫川や江川等が注いでいるが、これらの河川は市町が管理する、いわゆる準用河川である。

  一方、これらの河川の諸元をみると、千葉市若葉区・緑区、四街道市、佐倉市および八街市にまたがり貫流する鹿島川は流量および流域面積とも、最も大きい。次いで高崎川、神崎川等と続き、師戸川の流域面積が最も小さい。しかし、流域の単位面積(1km²)あたりの人口密度でみると、平成27年度現在で船橋市と八千代市を貫流する桑納川流域が5,156.1人と最も高く、次いで手繰川(3,595.8人)、新川(2,714.7人)、神崎川(2,550.9人)、高崎川(1,070.4人)、師戸川(1,055.8人)と続き、鹿島川(968.4人)が最も人口密度が低い流域となっている。

第3.4表 印旛沼の主な流入河川と諸元